夢のキーワード50音索引

 

 

 

夢を捉える心構え

真摯に受け取り

理解し行動する

この2点が最も重要だと思います。

夢で見たことを日記にする、メモに取っておくといったこと。

それを見直し、自分に反映させる意識づけも大切です。

 

夢は様々な設定と象徴を駆使して知らせてきます

生活の事をはじめ、生き方、在り方、存在理由、考え方、思い・・・。

恋愛の最中なら、パートナーとの問題や理解に対するアドバイスがあったり。

設定と象徴は、現実とは異なる場面やモノが多いですから、キーワードから拾いながら、夢の指し示す意図を読み取っていきます。

 

無意識からのものもあります

今の自分の状態と状況、精神や心の問題、悩み、進もうとしていること、過去の様々な問題とシコリ・・・。

夢は、自分に対して、応援、警告、啓示、自覚、願望、不安などを知らせてきます。

例えば、漠然として不安があるのに、なぜだか分からないでいると、不安の内容を示唆する夢を見たりします。

 

今抱えている問題を夢に問うこともできます

夢を真摯に捉え、行動していけるようになると、夢はより明確さを増してきます。

夢のメカニズムはとても複雑なように感じるでしょうが、実はとても単純です。

見えない存在とコンタクトすることも可能です。

ですから、就寝前に枕元にペンとノートを用意して、質問と回答の欄を作っておきます。

質問したいことを質問コーナーに書き、意識しながら寝ると、回答めいた夢を見ることが出来ます。

夢に見たことを回答欄に書き込み、あとで見直すといいでしょう。